顔や首にも塗れるプロトピック軟膏

ステロイド軟膏とは違ったタイプのアトピー性皮膚炎の治療薬に、プロトピック軟膏があります。

 

世界に先駆けて1999年に日本が認可した薬で、特徴としては、免疫抑制剤には変わりがないのですが、ステロイドホルモンではないため、毛細血管拡張 ・ 皮膚萎縮 といったステロイド特有の副作用がありません。

 

ちなみに免疫抑制剤とはどういうものか?というと、免疫系の活動を抑制(ないし阻害)するために用いる薬剤のことで、もともとは骨髄であったり心臓、腎臓、肝臓などの臓器を移植するときの拒絶反応を抑制するために使われていました。

 

で、少しばかりマニアックというか、人体の神秘というか、そのような話になるのですが、わたしたちの身体というのは常にさまざまな病原体と戦っているわけで、ヒトが本来持っている免疫システムによって私たちの身体は守られています。そのなかでTリンパ球(T細胞)と呼ばれるものがあり、これが体のなかでウイルスなどが感染するのを防いでくれているのですが、この防御が強く働きすぎることがアトピー性皮膚炎の炎症を引き起こす原因のひとつともいわれているんです。

 

ここで、プロトピック軟膏はどんな働きをするのですか?という話とつながるのですが、免疫抑制剤であるプロトピック(タクロリムス)にはTリンパ球の機能を抑制する作用があるんですね。Tリンパ球は体内の異物(ウイルスやガン細胞など)を攻撃してくれるのですが、防御反応が強く出過ぎるとアトピーなどの炎症を引き起こす。そこでプロトピック軟膏を使うことでTリンパ球の活動が抑制され、結果としてアトピー性皮膚炎の症状もおさまる。というわけです。

 

炎症を抑える強さはステロイド軟膏でいう、
中程度 ( Medium ) 〜 強力 ( Strong ) クラスと同程度 とされています。

 

 

プロトピック軟膏は顔にも使える。
これがステロイド軟膏との大きな違いでしょう。

 

ステロイド外用薬を長期間顔に使用していると依存を起こし、赤ら顔になってしまうことがあります。

 

酒さ様皮膚炎、ステロイドざ瘡、口囲皮膚炎などとも呼ばれますが、プロトピック軟膏は正常な皮膚からの吸収率が低いため、目の周りや顔の赤み、首の湿疹にも使えます。
( 関連 : プロトピック軟膏の利点と使い方 / アトピー性皮膚炎!かゆみをやっつけよう!

プロトピック軟膏の有効成分は 「 タクロリムス 」

プロトピック ( 成分名 : タクロリムス ) の副作用としては、塗った直後に感じる 「 刺激感 」 があります。

 

ヒリヒリしたり、ほてったりすることがありますが、
一時的なもので、通常は3〜4日も塗り続ければおさまります。

 

商品名プロトピックの一般名は 「 タクロリムス 」 で、16歳以上はプロトピック軟膏0.1%、15歳までの小児用はプロトピック軟膏0.03%が処方され、2歳未満の乳幼児には使用できないとされています。

 

プロトピック軟膏もステロイド軟膏と同様に、
通常は皮膚科を受診して専門医に処方してもらうお薬です。ですから市販薬はない、というのが現状です。

タクロリムスの市販薬はないが、個人輸入なら通販できる

フルコートなどの市販薬が販売されているステロイド軟膏と同じように、いずれはプロトピック軟膏も近所のドラッグストアや薬局、ネット通販などでお手軽に購入できるようになるかもしれませんが、現状ですと通販による購入は 「 個人輸入 」 以外ありません。

 

当サイトでは、プロトピック軟膏を購入する選択肢のひとつとして、個人輸入代行による方法をご紹介しますので、参考にしてください。

 

 

別のページにも書きましたが、本来は皮膚科などで専門医に診察してもらったうえで処方される塗り薬ですので、そうするのがベストです。

 

しかし、病院に足を運んでもほとんど診察されることなく、「 ただ薬を買うために通院しているような状況 」 なのだとすれば、通販で個人輸入した方が、ストレスもなくてよいのかも知れません。

 

また、プロトピック軟膏の有効成分である 「 タクロリムス 」 を含むものに、より安価な 「 トップグラフ軟膏 」 という塗り薬がありますので、こちらも合わせてご紹介します。

 

通販で購入できるプロトピック軟膏

薬の強さ 一般名 商品名
強力 (Strong)〜
中程度 (Medium)
タクロリムス

プロトピック
[ 販売ページ ]

トップグラフ
[ 販売ページ ]

 

トップグラフについて

トップグラフはプロトピック軟膏のジェネリック医薬品です。
有効成分は免疫抑制剤タクロリムスで、皮膚の赤みや腫れなどのアレルギー反応を抑制することで炎症を抑えます。

 

ステロイド外用薬のV群である強力(strong)とほぼ同等の効力があるといわれおり、顔や首など皮膚の薄い部分での効果がよく、顔の赤みや首の湿疹に向いています。ちなみにフルコートF軟膏、リビメックスコーワ軟膏、ベトネベートN軟膏あたりがV群の市販薬になります。

 

強いステロイド外用薬を顔に塗り続けると副作用が出やすいですが、タクロリムスは体の中に吸収されにくく、使用中止後のリバウンド現象もほとんどないのが特徴です。顔や首など吸収率の高い皮膚の炎症やかゆみに有効です。